毎日がガリバー痛
大人たるもの三日酔いがなんのその。…そんなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山崎まさよしは…
やっぱりいいと思う。こんなにもトレーナーが似合う大人を見たことがない!うん…。この度、ベストアルバムを買いまして。やっぱいいっすねぇ。曲もいいけど、歌詞がいいよね、すごい。カセットに落として車で聴こ!(アナログ~)

あっ、そうそう。このブログのテンプレ変えました。ハロウィンパンダだってさ。か~わ~い~い~ ←女子高生風に発音してください。
スポンサーサイト
医者に行ったところ…
ぎっくり腰みたいなやつだと思う!

と言われました。ものすごいぼやかした発言ですけど大丈夫でしょうか?もう痛めてから10日くらい経つのに全然良くなってる気配がないし、おまけに風邪引いて体調悪いし、まさに踏んだり蹴ったりであります。

大殺界バク進中です!!
帰還



いやー、大阪楽しかったですわ。たこ焼き食べたし、大阪城見れたし、大道芸で感動したし、130Rの板尾さんとプリクラ撮れたし、ジョーズにしっかり襲われたし…。

うん。よかった!これで腰が痛くなかったらもっとよかった!まあでも、人間、痛みを知った方が成長できるって言うし。これもまた人生だに!
明日から…
大阪に行ってきます。USJメインで。コルセット巻いて。腰は小康状態が続いています。相変わらず前屈ができません。乗り物乗れるかな?腰にあまり負担がかからないやつだけ乗ろう。落下ものは控えて…。

<今回のミッション>
バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンに乗って過去を変えてきます。500枚のフィルムを持ち上げようとしている自分にストップを。腰の痛みのない未来をこの手で掴み取るのだ!
女王の教室 最終話
すこぶるよかったですねぇ。最後に真矢が初めて笑いました。まあ、あのくらいがちょうどいいですね。最終回だからといって、あんまり感動感動になるのもこのドラマの場合違うと思うし、最後まで真矢は自分の姿勢を貫いたわけで…。よかったと思います。真矢のハイキックも見れたし。

今回一番印象に残った所は、卒業式の最中に真っ暗な職員室の中で真矢が、生徒の情報が入ったパソコンのデータを一人ずつ削除していくシーン。あんな場面見たことねーよ。素晴らしい!

あとは最後、和美ちゃんと由介の「俺たちまた会えるよね」みたいなシーン。ま、あそこはベタだけどちょっと切なくていいよね。青春やね。うん。

それにしても和美ちゃん役の子は演技うまいですねぇ。子供ってどうしても演技がオーバーになりやすいんだけど、あの子は物凄い引きの演技ですから。できる子だと思います。
Ls
第5腰椎~仙骨にかけてじゃないかと思うのだが……マジで痛い。安達祐実の結婚よりも痛い。こりゃ、ヘルニアか!?とりあえず、土曜日に病院へ行こう。それまで、コルセットをして、鼻歌でも鼻ずさみながら、気をまぎらわしつつ、仕事をしよう!……ってできるかボケ!他人の腰なんて撮影してる場合じゃねー。
NANA
★★★★★★★☆☆☆ 7点

NANAだけに。ここは7点ですね…。いやー、でもこんなもんじゃないかなー?わりとよかったと思うけど。原作を読んだことがないので、それとの比較はできないんですが。ストーリーとしては、うまくまとまってたと思います。あと、全体を通して宮あおいのナレーションはよかったですね。

ただ、終わり方があれでいいのかなーと思いました。トラネスのライブ中にナナがレンと電車で別れるシーンをフラッシュバックする所がこの映画で一番いい場面だと思うので…。その後のシーンがちょっとグダグダだなーと感じてしまいました。たぶん監督は原作に気を使って、というか続編を意識して、ああいう終わり方にしたんだと思うんだけど。あれ、原作がなかったら、もっと手前で、あのライブの余韻を引きずったまま終わりにした方がよかったと思うんだけどなぁ。

あと、気になる所は、ファミレスの前で章司と幸子のやりとりを二人のナナが見てて…っていうシーン。あそこはだいぶグダグダでした。あの場面は映画の中でけっこう重要なポイントだと思うので、もうちょっとなんとかしてほしかった!

そして、巷で問題となっているキャストですが…。結論として、「中島美嘉は頑張ったと思う!」…ダメっすか?確かにセリフは下手です。びっくりします。まあ、でもキャラ設定とかライブとか全体的に見れば合格点でしょう。風呂も2回入ってたし(関係ない!?)。宮あおいもよかったと思います。ノブ役の成宮君もうまいです。問題なのは、レン役の松田龍平と章司役の平岡祐太!まず、松田龍平は演技以前に「その腹をなんとかしろ!」と。もう気になって、気になって。「おまえ、ずっと息吸ってろ!」と心の中でつぶやいていました。そして、平岡祐太は…。うーん。もうちょっとできる子かなーと思ってたんですけどねぇ(何様?)。期待外れでした。

まあ、でもこの映画全体的に見たら、けっこういい印象しか残ってないんですね。なんでだろう?当直明けで見たから、頭がおかしくなってたんでしょうか?やっぱり、監督の演出に騙されてるのかなぁ。
copyright © 2005 毎日がガリバー痛 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。