FC2ブログ
毎日がガリバー痛
大人たるもの三日酔いがなんのその。…そんなブログ。
ダ・ヴィンチ・コード
★★★★★★☆☆☆☆ 6点

遅ればせながら、ダ・ヴィンチ・コード見てきました。駄作、駄作と言われてるけど、思ってたほど悪くなかったです。原作読んでなくても、けっこう分かるじゃん!と思いました。観終わった直後は。でも、よーく考えてみると、やっぱわからねー!( ̄■ ̄); 難しい話です。

映画観てる最中も、字幕を追いつつ、意味を考えつつ、頭を使うからホント疲れます。テンポも速いしね。特に、リーのおっさんの家に辿り着くとこまではマッハです。ストーリーを追うだけでいっぱいいっぱいになるので、やっぱり原作を読んでから観た方がいいかもしれません。サスペンス映画なのに、見ている側に推理させるゆとりを与えない感じです。

自分がこの映画で好きなとこは、「一つのことでも解釈はいろいろあって、何を信じるかによって変わってくる」みたいなテーマ性ですね。一元論は好きじゃないので。まあでも、何もキリストを題材にしなくてもよかったんじゃないかとは思いますが。

キャストは全体的によくなかったです。トム・ハンクスはセリフをただ棒立ちでしゃべるだけだし、オドレイ・トトゥはかわいくないし、演技もうまくないし。ジャン・レノは微妙だし。唯一、シラス役のポール・ベタニーはわりとよかったかな。

ま、とにかく、原作があってそれを映画化する場合、原作+αの何かがないと意味ないですからね。その+αの部分をしっかり表現できる監督がいい監督なんでしょう。そういう意味ではロン・ハワードは…、どうなんだろ!?原作を読んでないのでわかりません!!( ̄▽ ̄;)
スポンサーサイト
copyright © 2005 毎日がガリバー痛 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.