毎日がガリバー痛
大人たるもの三日酔いがなんのその。…そんなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それでもボクはやってない
★★★★★★★☆☆☆ 7点

うーん。よかったんですけど、さほどはまらなかったなー。映画というよりドキュメンタリーだなーと思いました。2時間半と長いんですが、テンポが良くて飽きることはなかったし、無駄なシーンもなくて、よかったんですが。

テーマが一貫してて、日本の裁判における問題点もいろいろ提起してね。「疑わしきは罰せず」の理念がないがしろにされてたり。裁判官が無罪判決を出すにはそれなりのリスクを背負うことになるとか。いい加減な調書作りとか。この映画を見て、裁判って怖いなー、勉強になったなー、とは思うんですが、それ以上は特に…。

こういうリアル過ぎるテーマで、経時的にボンボン進まれると、なんか疲れちゃってね。まあこれは、完全に観る側の好みの問題なんですが…。

役者はね、全体的によかったです。なぜに鈴木蘭々!?とは思いましたが。加瀬亮が地味でよかった。リアルに普通な感じがこの映画にぴったりでした。
スポンサーサイト
ごった煮
・北海道限定『じゃがポックル』は確かにおいしいけど、コンビニで売ってる『ジャガビー』と味一緒じゃん。

・木村カエラの人間界でのポジションがうらやましい。

・ドラリオンのチケット持ってる人がうらやましい。

・ゴディバのチョコなんてもらっても困るだけじゃん。

・喉が痛いのよ。

・左の扁桃腺を瞬時に切断する方法はないだろうか。

・明日の当直を瞬時に回避する方法はないだろうか。

・人生、ローリスク・ローリターンじゃダメっすか!?

・頭が痛いのよ。

・バファリンじゃ、ダメっすか!?

・しばやんの半分はやさしさでできています。

・ダメっすか!?
幸福な食卓
★★★★★★★★☆☆ 8点

なんか、意外とよかったなー。客は5人しかいなかったけどね。しかも、そのうちの2人(おばちゃん)はウィル・スミスの『幸せのちから』と間違ってこの映画を見てしまったらしい。そんな興行的には決してヒットしてない作品ですが、地味によかったです!

この映画って、ストーリー展開は目新しくもないし決していいとは思わないんだけど、伝えたいテーマに沿ったセリフとか演出とか雰囲気とか、付随するオプションを丁寧に描いててそこがいいと思いました。

【ネタバレしてもいいですか?】
ただ、予告編を事前に見てしまったので、大体ストーリーの予想がついてしまったのが残念です。そもそも、大浦君が死んじゃうっていう展開が唐突すぎるし、あんま好きじゃないんだけど、その後の家族の再生へのもって行き方がちょっとよかったですね。

ただ、くわがた好きの弟のセリフは失敗してる気がしました。弟にああいうセリフを敢えて言わせる必要があったのか?あのシーンはかなり違和感がありました。

あと、この映画で重要なのは小林ヨシコですね。他人であるヨシコが掛け違って余ったボタンで、家族を救うきっかけを与えてくれる(byミスチル)っていう展開はすごい好きです。ただ、結局いい人だったんかい!みたいなことになるんですが。

ラストで流れるミスチルの「くるみ」も今更!って感じだけど、歌詞がこの映画にはまってて意外とよかったですね。あの、長回しのシーンはけっこう好きです。

主演の北乃きいってそんなにかわいくないけど独特の雰囲気があってよかったと思います。

まあ、あのおばちゃん達も『幸せのちから』よりこっちを見て正解だったんじゃないかなーと思いました。
比重
今日、ふと思い立って、携帯のアドレスを整理してみました。

たぶん、この先、一生連絡とらないだろうなーっていう人のデータをことごとく削除していって。

友達で残ったのは18人。

あー、でもこんなもんかなーって。

なんだか、リアルな数字。



最近、再びいろいろと迷走し始めてるので…。

何に重点置いていいのかわかんなくなってきた。

バランスとるって難しいなぁ。
武士の一分
★★★★★★★★☆☆ 8点

今更だけど、武士の一分の感想をば。

えーと、なかなかよかったです。ストーリーもすこぶるベタだけど、けっこう感動できるし。難しいこと考えずに見れるから、ラクでいい。反面、予定調和で、何か足りない気もするんだが。そういう意味では『硫黄島~』とちょっと似てます。

まあ、こんだけシンプルな構成で感動させられるんだから、山田洋次はやっぱすごいのかなぁ。食事のシーンとか細かい部分もすごい丁寧に描いててよかったです。ただ、どうしてもストーリーがシンプル過ぎて、物足りない感じは否めません。

役者は、評判通り、壇れいと笹野高史がよかったですね。キムタクは世間では賛否両論ですが、自分はよかったと思うけどなー。ま、あくまでも、いつものキムタクの域は脱してないんですが。

あー、この映画もあんま書くことねー。良く言えば、シンプル・イズ・ベストなんだけどね。悪く言えば、予定調和すぎてつまらないと。そんな感じです。
copyright © 2005 毎日がガリバー痛 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。