毎日がガリバー痛
大人たるもの三日酔いがなんのその。…そんなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
潜水服は蝶の夢を見る
★★★★★★☆☆☆☆ 6点

今月一番観たかった映画はこれなんだけど。普通に観てて眠くなっちゃいました。最初の30分くらいはすごい良かったんだけどなぁ。ドミニク目線から他者目線になったとこあたりからどんどん飽きてきて。

こういう病を扱った映画でしかも実話にあれこれ言うのは申し訳ないんですが、映画としてはどうなの?と思いましたね。変に脚色しないで、泣かせる演出もないし、それはすごいプラスなことだと思うけど、終始淡々としすぎていて、映画としての面白みはなかったなぁ。

あとは、これは人それぞれ感じ方が違うと思うけど、突然全身麻痺になってまばたきでしか意思が伝えられなくなってから、本を書こうと思うまでの切り替えの早さにちょっと違和感がありました。まあこんなもん実際なってみないとわかんないし、あれこれ想像で言うのは違うのかもしれないけど、そこら辺をもうちょっと、映画として斬り込んでほしかったなぁと思いました。

結局何を伝えたいのか、もう少し映画としてはっきり示してほしいんですね。本の内容もイマイチよくわからなかったし。途中、過去と現実と想像の部分が入り混じるんだけど、ちょっとわかりづらかったしね。

この映画で良かったところは、ドミニクが別れた奥さんを介して恋人と電話でしゃべるとこかなぁ。あと、子供たちとの海辺のシーン。あとは、散々言われてるけどやっぱり前半のカメラワークですね。ドミニク目線のとこ。それと、映画全体を通しての雰囲気というか世界観みたいなのは好きなんだけど。プラスアルファの何かがほしかったなぁ。
スポンサーサイト
普通の幸せが一番
やっと普通の休みをゲットして、今日は昼くらいまで寝てよう!と思ってたんですが、朝7時に目が覚めました。人間、疲れが溜まると逆に眠れなくなるらしい。

昨日も休みは休みだったんだけど、職員旅行だったからなぁ。なぜか、ルミネtheよしもと。くまだまさしと大西ライオンと世界のナベアツでもうお腹いっぱいですよ。ナベアツの3の倍数のやつを生で見れたんで、もう満足です。

そんなこんなで、20連勤も終わり、普通に土日が休める週が4週続きます。どうしよう、めっちゃ、暇だわ!(笑) こんな休んでいいのかな?怖い!逆に怖い!

とりあえず、なんか予定を入れないと。ここは遊んどかないと。でもさぁ、なんやかんやでみんな忙しそうだからなぁ。まあ、いいや。週末はずっとお酒飲んでよ。←やはりダメ人間
L change the WorLd
★★★☆☆☆☆☆☆☆ 3点

いやー、これは駄作ですね。なんでデスノートのスピンオフで、こんなB級ハリウッドみたいなことをやってるんですか?デスノートの良さは、綿密な脚本を元にした心理戦なのにね。まあ、原作に比べたら、映画は微妙だったけども。

この映画は、監督が悪いって言われてるみたいだけど、これは完全に脚本のせいだと思うんですが。キャラありきで脚本がおざなりだからじゃないの?中田監督って『リング』の人で、そんな変なものを作るイメージはないしなぁ。だから、これはたぶん裏で会社といろいろあって、「ここら辺で興行的に鉄板が欲しいんで、今回だけは監督の意図することと違うことをやってもらいますけど、お願いしますよ!」みたいなことだと思います(←妄想)

そもそも、キャスティングからおかしいし。なんでFBI捜査官がナンチャンなんですか?ありえないでしょ、その配役!?だからね、これは中田監督からのメッセージと受け取りましたよ。「この映画、本気で観んじゃねーぞ!俺はこんな映画ホントは撮りたくなかったんだよ!」っていうね(←妄想) それしか考えられないッス。

しかし、ホント脚本ひどいなぁ。バイオテロはわかるけど、あんなお粗末なテロリスト集団じゃ、世界は動かせないでしょ?動機もむちゃくちゃだし、ひどすぎます。

まあ、でもね、L派と松ケン派の人々にとっては観る価値がある映画かもしれません。萌え要素はだいぶあると思いますし。ただ、いかんせん、しばやん、キラ派なんですいません。そこら辺はすいません。でも、松ケンはよかったと思いますよ。ファンだったらDVD買っちゃうな(笑)
陰日向に咲く
★★★★★★☆☆☆☆ 6点

こういう仕事が忙しい月に限って観たい映画がいっぱいあるんだよなぁ。でも、どれもさほどよくない気がするんだよね。なんとなく、そんな予感がするわ。

この映画はですね、群像劇としては成立してなくて。塚本高史のストーリーはリンクしてないのでね。やはり、あの原作を2時間にするには無理があります。だから、まとまりがないし、奥行きもない。登場人物のジュピターなんて、ほとんど情報がないからね。

あとは、ストーリーとして、偶然に頼りすぎてる部分が多すぎます。岡田くんと宮崎あおいが出会うシーンなんて毎回ほぼ偶然の産物だからね。やっぱ、偶然は一人一回までにしてほしいです。

あと、この映画の決定的なダメポイントは2時間観てても、個々の登場人物にさほど感情移入できないとこです。唯一できるのはオタクの塚本高史くらいですよ。だから、このストーリーをメインで持ってきてくれたら、もうちょっと感動できたかもしれません。

だってね、エリートサラリーマンが偶然街で見かけただけのホームレスに憧れて、有休とって真似しようと思いますか?岡田くん演じる主人公だってね、母親の死とギャンブル癖関係ないからね。だって、母親が生きてた時からパチンコ三昧だったらしいから。えっ?何それ?ただのダメ人間じゃん。こういう自分に甘すぎる人間、しばやんは嫌いですぞ。

ということで、なんか1個も褒めてないけど一応6点です。サイドストーリーがわりとよかったので。役者陣は平山あやのみゃーこが思いのほかよかったですね。伊藤淳史がその分ダメダメでしたけど。どうも彼は、どの作品観ても好きになれないなぁ。
にじゅうぶんのはち
やっぱねぇ、20日連続出勤は精神的にやられると思います!でも、うつとかにはならないんだなぁ、これがまた。この境界線は何なんだろうね?誰か教えてほしいよ。

あっ、全然話変わるけど、自分、携帯を替えまして。オサレ705iですよ。折りたたみをやめてストレートにしたんですが、めっさボタンが押しづらいです。つーか、前の携帯より機能が悪化してる気がする。カメラの画素数落ちたし、ワンセグじゃないし、ハイスピードでもないし、GPSもないし。やっぱ、見た目で選ぶとこういうことになりますね。

あっ、またまた全然話変わるけど、餃子の王将の冷凍餃子は食べても大丈夫だよね!?メイド・イン・チャイナじゃないもんね!?王将は裏切らないよね!?つーか、うちに今餃子しかないから食べるよ。食べざるを得ないよ。いざとなったら救急車呼ぶからね。119ってボタン押しづらいな、この携帯!
copyright © 2005 毎日がガリバー痛 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。