毎日がガリバー痛
大人たるもの三日酔いがなんのその。…そんなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JUNO/ジュノ
★★★★★★★☆☆☆ 7点

これはねぇ、いつもだったら絶対スルーするタイプの映画なんだけど、アカデミー賞にもノミネートされてたし、一応観ておくかということで、観たんですが。やっぱね、これは、日本じゃヒットしそうもないね。

感覚が、ちょっと日本人とずれてるのよ。ジュノがファンキー過ぎて。これは、ジュノが特別なのか、アメリカ人はみんなあんな感じなのかよくわからないんですけど。会話とかがさ、普通じゃない。最初の、薬局のくだりからして、日本人では考えられない感覚ですたい。

だから、前半はちょっときつかったですね。だってね、高校生の娘から、「妊娠しちゃったんだけど、産んでその子を養子に出そうと思うの」っていきなり言われた時の父親の反応が、「わかった。じゃあ、お父さんも明日一緒に先方に挨拶しに行こう!」ってなります!?なんか2段階くらいすっとばしてないか?仮免とかないの?(笑)

やっぱ、そういう違和感みたいなものがね、積み重なって後半に行くんですが。ただね、最後の30分はちょっとよかったかなぁ。この映画のテーマというか、伝えたいことに共感はできた。

養子だろうが何だろうが、子供を本当に愛情かけて育ててくれる人がいるなら、血の繋がりなんて大して重要じゃないのかもしれないし。一見、完璧に見える夫婦でも、いろいろ問題があるんだろうし。それぞれが、一番幸せになれる方法を考えたら、形式に捉われる必要なんてないんだろうね。そういう考えに至るまでの根底にある価値観が日本人と違うから新鮮で、この映画のおもしろいとこでもあるのかなぁ。

この主役のエレン・ペイジって子はすごいうまかったですね。セリフ回しが半端ないッス。なかなか日本人にはいないタイプの女優だね。
スポンサーサイト
宗佑はやっぱ最低な男だったね。
ラスト・フレンズ終わっちゃいましたねぇ。ちょうど最終回の日が当直で、この1時間だけは、救急ストップしてくれ!と思ってたんですが、ドンピシャでホームレスの方が来まして。

レントゲン撮ってる時に、整形のドクターが、ドアをばっと開けて入ってきて、開口一番、

「臭くてすいません!」

だからね(爆)

「折れてる?」とかじゃなくて!?

もういいよ、先生。でもね、患者選ぶ勇気も大切だと思うよ。警察とか呼ばなきゃいけない人、多すぎ!

ま、それはいいとして。ラスト・フレンズねぇ、最終回もやっぱよかったと思うよ!←結局ビデオで見た。

そりゃ、全体を通して、ちょこちょこおかしいシーンも多かったですよ、このドラマは。でもね、瑠可に感情移入して見ると、すごくよかったね。美知留はどう見ても、相当イタい子だけど、やっぱ守ってあげたいって思うんだろうなぁ。

でもね、やっぱタケルはいい奴過ぎるから、一緒にいたら絶対好きになると思うんだよね。一般女子は。そこがね、また切ないよね。でも、タケルがいたことで瑠可は相当救われたからよかったんじゃないかな!?

みたいなことを毎週考えながら、見てました(笑)

あー、もうこれで、木曜の楽しみがなくなったー!どうしよう、これから。

『CHANGE』でも見ようかなぁ。←今更!?
芸術は爆発だ!
友達が美術展に入選して賞獲ったとか言うんで、展示会に行ってみたんですが。たまにはこういう美術展とか見るのも楽しいなぁと思いました。

普段、病院とかにいると、負の空気にばっかさらされてるから、なんか、新鮮でしたね。普段、見るものといったら、血とか骨とかでしょ!?もう、そんなリアリズムはたくさんですよ(笑)

しかも、その友達の絵が意外とよかったのでちょっとびっくりしました いや、もちろん、絵の善し悪しなんてさっぱりわからないド素人ですけど、自分は好きでしたね。

やっぱ、たまにはこういう違う世界を見るって刺激になるし、よかったなぁ。

このまま、リフレッシュ休暇とか一ヶ月くらいもらえないかしらん!?

そしたら、しばやん、もっと輝ける気がする(ド勘違い
心が折れた!
いやー、疲れたー。昨日、今日と試験を受けてたんですが。あと一問で落ちるという人生の縮図を見ましたね マンモグラフィー怖ぇ~!まあでもどっちにしてもね、勉強不足ですよ。

やっぱねぇ、世間の方々は思った以上にモチベーションが高いのね。しばやん、反省しました。もっと真面目に取り組まないとダメですね。

それにしても、ストレスでだいぶやられたわー。もう一生講習受けたくねー。楽に生きていきたいー。

やっぱ、人生ってそうそううまくいかないよね。つーか、今のとこ何か一つでもうまくいってることってあったっけ!?(笑)

やべぇ。無駄に凹んできた。とりあえず、精神面を鍛えるために荒行から始めた方がいいのかもしれません。次、いつマンモグラフィーに辿り着けるかわかりませんがね
copyright © 2005 毎日がガリバー痛 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。