毎日がガリバー痛
大人たるもの三日酔いがなんのその。…そんなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DRAGONBALL EVOLUTION
★★★☆☆☆☆☆☆☆ 3点

三星球ですな。でも監督はそこそこ頑張ってたよね。ただ、センスがないだけだよね!←致命的 そもそも、ドラゴンボールを実写化しようなんて、日本の監督だったら恐れ多くてできないでしょ。そういう勇気は認めるけどね。ただ、物凄い安い映画になりました。

最初の30分は、「え゛ー、悟空、高校生かよ!」とか「亀仙人、見た目もキャラも全然違うじゃん!」とかリアクションとれてたんだけど、だんだんリアルに笑えなくなりました。ピッコロに触覚が生えてないのが、致命的でしたね。←そこ!?(笑) そもそも、この映画の場合、ヤムチャいらないからクリリンを出すべきだと思うんだよね。

あとは、悟空とピッコロの強さのレベルの設定がいい加減すぎるかなぁ。スカウターが欲しいね。だって、序盤でピッコロは指一本で家を破壊してるんだよ。でも、悟空は落とし穴から出ることもできなかった。それで、互角に戦えます!?でも、その後、一夜漬けでカメハメ波習得してるからなぁ(笑)

悟空が一般人と戦ったら強いっていうのはちゃんと示してくれて。あー、そういう重要なことはセオリー通りにやってくれて監督偉いわ!と思ったんだけど、その後の悟空ののびしろがすごすぎて、意味なくなってると思うんですが。つーか、チチ強すぎます。

あとは、やっぱり、キャラを生かしきれてないよね。いい漫画って、登場人物のキャラ設定が抜群なんだよね。ワンピースとかもそうだけど。それが、この映画ではみんなキャラが死んでいる。ヤムチャに至ってはホントひどい。

あの終わり方もないし。続編とか、もういいって!とちょっとキレそうになりました。
スポンサーサイト
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
★★★★★★☆☆☆☆ 6点

これは、観るか迷ったんだけど、一応アカデミーにノミネートされてたし、観てきました。まあ、予想通りの結果でしたね。これ、そんなにいいかー!?

中身があるようでない、セリフもいいこと言ってそうで言ってない、ブラピも演技うまそうでそうでもない。全体的にかなり中途半端な印象でした。最初、病床のおばあさんが出てきて回想で始まる所から演出として古いし、タイタニックか!と思いました。その後も終始、娘が日記読んでるだけだし。デヴィッド・フィンチャーぽくないなー。

つーかね、観てて、ベンジャミン・バトンに軽く嫉妬しましたわ。だって、こいつの人生、幸運すぎるもん。腹立つわ!数奇な人生って言っても全然負の意味合いはないのよね。ほとんど一生働かないで生活できたし、好きな人と結婚できて、子供もできて、最期も苦しまずに看取ってもらえて。

子供ができてから、俺は父親になれない!とか言って逃げたとこもムカつきました。その後、普通に戻ってきて、やっぱり忘れられなかった!とか言うでしょ。つーか、あの嫁も腹立つわ!再婚した旦那がかわいそうじゃね!?そういう二人の覚悟がない所が嫌です。

あっ、でもよく考えたら、あの時のベンジャミンは人生後半だから精神年齢も若くなってるからしょうがないと考えるべきなのかね?でも、嫁は年相応だからどっちにしてもダメだね。

あと、この映画をうさんくさいと思ってしまったのが、いろんな人の死を扱ってるんだけど、みんな綺麗に死んでいくんだよね。あの船長以外は。人はあんなタイミングよく苦しまずに死ねると思うなよ!って思うし、なんか違うなぁっていう違和感を覚えました。

あと、もうちょっと、精神年齢みたいなのをきちんと表現してほしかったです。前半、彼女がイケイケでブラピが引いてる所と、二人の年齢がちょうど重なった所は良かったんだけど。根本的に、今何歳なのかが非常にわかりにくいし。これをもうちょっと演出としてうまくやってほしかったなーと思いました。
mixiのコミュか2chでやってればいいとかは言わないでください。
チャットモンチーの新しいアルバムが出たじゃないですか。無論、めっちゃ聴いてますけど。やっぱ、いいのよねぇ。うーん。やっぱいいわー。

とりあえず、アルバムのジャケットだけで小一時間語れそうな勢いですが、何か?まずね、チャットモンチーの1枚目のアルバムは『耳鳴り』で赤いジャケだったんですね。んで、2枚目は『生命力』で青。今回の3枚目のタイトルは『告白』なんでピンクとか来るかなぁと思うでしょ。それがね、赤と青の半々だったんですよ!いやー、これは衝撃的ですね!(←衝撃的でしょうが!!) やっぱ、こっからがホントのチャットモンチーじゃ!っていう自信の表れですかね。

あと、ジャケットにメンバー3人の似顔絵が毎回描かれてるんですが。過去2作品は3人がトライアングル状の配置で別々の方向を向いてるんですね。それが今回は3人は同列でみんなまっすぐ前を向いてるんですよ!このジャケットを見た時点で感動ですよね!(←感動でしょうが!!)

前回のアルバム以降のシングルを考えると、『ヒラヒラヒラク秘密ノ扉』と『風吹けば恋』が出た時点でちょっと違うなー。自分の好きな方向と変わってきたなーと思ったんだけど。その後の『染まるよ』と『Last Love Letter』がホントいい曲で。やっぱチャット好きだわと再確認した次第です。

『染まるよ』をシングルとして出すのにスタッフと闘ったらしいけど、“ポップで明るい10代に人気のガールズバンド=チャットモンチー”っていう流れに沿った安全パイを蹴って、自分たちがやりたい方向にシフトしていける意志の強さと、自分たちを俯瞰で見れるっていう部分もチャットのすごい所だと思うのよね。うん。

今回のアルバムに関して言うと、3~5曲目の『海から出た魚』→『染まるよ』→『CAT WALK』の流れが ネ申←これが書きたかった

やっぱ、今のとこ『CAT WALK』が一番好きかなぁ。特に当直中の明け方5時に朝日を見ながら聴くとめっちゃ泣けるってことに気付いたんですよ(笑) これはホントにやばいですわ。

あー、なんか、語るっていうか感想しか書いてないなー。こんなんじゃダメだ。次回、もうちょっとマニアックに語ろう。今回は触りで。
copyright © 2005 毎日がガリバー痛 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。