毎日がガリバー痛
大人たるもの三日酔いがなんのその。…そんなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
重力ピエロ
★★★★★★★☆☆☆ 7点

うーん。難しいわ、感想が。ちなみに、伊坂幸太郎の原作は読んだことありません。ミステリーなのかなと思ってたけど、全然違うのね。家族愛がテーマみたいです。

【ネタバレピエロ】
とりあえず、ラストが気になっちゃってね。あれでいいのかなぁ?小日向文世はどういう気持ちで死んでいったんだろうって思ったらやるせなくなったね。最強の家族だから最後までピエロを演じてみせたわけでしょ。でも殺人だからね。春は渡部篤郎を殺したことで結果的に自分の存在を否定したことになると思うんだが。

そもそも、あまりにもこの家族に降りかかる不幸がでかすぎて。人を殺したらいけないって当たり前だけど、でもこういう境遇に生まれて、周りからもこういう目で見られて生きてきたら、ここで自らリセットしないと先に進んでいけないのかなぁとも思うし。一般論では片付けられませんな。

重力ピエロって、うまいこと言ってるようだけどそうでもないよね とってつけたようなエピソードだったのでちょっと違和感がありました。言いたいことはわかるけど。でもなかなか、小日向文世演じる親父はいいこと言ってましたね。この映画で終始いいこと言ってるわ。

岡田将生がもうちょっと演技うまかったらなぁと思いました。セリフが浮いてる気がする。やっぱり小説が元だからセリフに伏線とかもあるし、言い回しが日常的じゃなかったりするので、そういうのが際立って聞こえました。ちなみに加瀬亮は絶妙なヘタウマラインをついてると思うんですがどうですかね?しばやんは好きですが(笑)
スポンサーサイト
もう一つの5.23
そういえば、5.23は後輩の結婚式でもあったんだわ。いろいろあって普通に忘れてたけど。

もうねぇ、正直な話、結婚式の1ヵ月くらい前から、浮足立ち過ぎてマジでうざかったんですが。

ようやく終わったからよかったなぁと思ってたら、終わってからの方がひどかったw

今日なんて、DVD3本見させられたからね(笑) 

入場前と2人の生い立ちとエンドロール。

しばやん、死んだ魚の目をしていたと思います!(爆)

こちとら、おまえの友達じゃねーぞ

男でこういうタイプはマジで痛い。

たぶん、視野角 5°くらいしかないよ。ほぼ正面しか見えてないよ。

魚眼レンズ埋め込んだろか!と本気で思いました
5.23 サラダ記念日(嘘)
苦酸っぱい。猫とセコムと酒。スイーツ(笑)。7の次。絢香。ニコイチ。ブレない。マジでか…。残尿感。本人同士の問題。コミュニケーション。インフルエンザ対策。どちらかと言うと嫌い。etc…

何が言いたいかっていうと、こういう文字にしたらわけのわからんことを笑って話せる空間をこれ以上失いたくないってことです。

久しぶりに爆笑したわ。

友達とかはさ、突き詰めていくと、一緒に楽しく酒が飲めればそれでいいんだよね。それ以上は何も求めてないわ。

たださ、例えば、一年全然会ってないのに、年賀状だけ来て、「子供がこんなに大きくなりました」みたいなのは嫌じゃん。

でも、そういう年賀状を見て、「あっ、元気でやってるんだな」って安心できるのが大人なのかな?

…って、一瞬思った時もあったけど、やっぱり自分はそうはなりたくないなと思いました。

そういう決意の日、そして紛れもない崩壊の日がサラダ記念日なのです(嘘)。
グラン・トリノ
★★★★★★★★★☆ 9点

改めて、イーストウッドはすごいと思わせてくれる映画です。ただ、わたくし、これを観る前に食べたトンコツラーメンが原因で終始胃が痛くてイマイチ映画に集中できなかったんだよねぇ。マジショックですわ。

【ネタバレウィーク】
相変わらずイーストウッドは心理描写が丁寧ですばらしいです。あと、この映画は、コメディー的な部分とシリアスな部分とのバランスが絶妙で。セリフ回しとかホントうまい。アジア人に対する差別発言も満載だけど。まあ、別に驚くことでもないしね。

あとは、やっぱりストーリーに芯が通ってて、シンプルだけど心に響くよね。絶対最後死ぬわ!って思ってて死ぬのがいいって時もある。この場合ちゃんと意味があるわけだから。ある種、バイオレンス映画っぽい部分が好きなんだよねぇ。アクション映画じゃなくて。一発の弾には重みがあって、引き金引いたら実際人は死ぬし、そういうの全部わかっててその銃持ってんの!?っていうね。ゴッドファーザー的なね。

ラストはホント考えれば考えるほど絶妙ですわ。復讐にはキリがないし。タオには自分と同じような罪を背負ってほしくない。でもグラントリノと共に受け継いでほしい魂もあって。チンピラも生きてりゃ自分の心意気次第で更生できるわけじゃん。最後、タオがグラントリノの助手席に犬乗っけて走り去るシーンは最高でしたね。

やっぱ、すげーよ、イーストウッド。この前の『チェンジリング』もよかったけど。個人的には『グラン・トリノ』の方が好きかなぁ。
copyright © 2005 毎日がガリバー痛 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。