毎日がガリバー痛
大人たるもの三日酔いがなんのその。…そんなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
締め
レインボーブリッジっていつもレインボーだったっけか?お台場なんて彩の国の人間にとって滅多行かないからわかりませんわな。

20091230142544


なんか、今年も終わりだねー。クリスマス終わって年明けるまでの街がざわざわしてる感じがけっこう好きです。来年は魚座の人にとって、12年に1度の転換期らしいですよ、奥さん。つーか、魚座ってざっくりしたカテゴリーだなー。まあ、当たり前のことを当たり前のことと思わないようになにか頑張ろ。
スポンサーサイト
M-1と武道館と焼肉と。
なんかいろいろと書きたいことはあったんだけど、感情的に流れ流され更新できず。

最近ね、チャットモンチーが6枚組のDVDボックスを生産限定で出したんですよ。でもね、その内の5枚はもう既に出てるやつで自分も持っていて、残りの1枚が特典映像なんですね。これさー、商業的にずるいじゃん。その1枚だけの為に1万5千円も出せねーよ!っていう。舐めんなよ、ソニー!っていう。で、まあ全然買う気はなくて、発売日を過ぎても知らぬ振りをしてたわけですよ。

で、それとは全然関係ないんだけど、フジファブリックのボーカルの方が亡くなったじゃないですか。別にフジファブリックのファンじゃないし、ライブも行ったことないし、CDも持ってないんだけど。なんか、それを知ってすごいショックを受けて。と同時に、あっ、やべー、買っとかなきゃって思ったんですよ。チャットモンチーのDVDを。もう意味わからんけど。

だって、この先、チャットモンチーが音楽を続けていく確率と、自分が平穏に音楽を聴き続けられる確率を考えたら、全然100にはならないし。そしたらもう今買うしかないみたいな。完全にレコード会社の思うツボですが

で、当直明けの疲れた体でレコード屋を3軒回り、ゲットしましたよ。チャットモンチーDVD『レストラン フルコース』。そして、見ましたよ、特典映像を。なんですかね、これはもうフジファブリックに申し訳なかったこの1万5千円をフジファブリックの全アルバムに費やせばよかった。何を迷走してんねん、自分!チャットモンチーが酔ってカラオケに興じる映像1時間。…プライスレス。

いや、もうどうでもいい。つーか、この記事ホントどうでもいいな。いや、フジファブリックはどうでもよくない。

とにかく、自分が知ってる範囲の話ですが、『陽炎』って曲はホントいい曲です。それを伝えたかった。それだけです。
ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD
★★★★★★☆☆☆☆ 6点

いやー、行ってきましたよ。激動の初日にw 無事0巻ゲットできました!わーわー。つーか、0巻増刷するらしいね。体調悪い中、無理して初日に行った自分がアホらしいわ。で、肝心の映画の中身はというと、正直微妙でした。ワンピースは全巻持ってるし、尾田っちは神と崇めていたのですが、映画に関してはやっぱり素人かな。短編は向いてないのかもしれん。つーか、連載の片手間で映画の脚本を描くには無理があるよね。

やっぱり、ワンピースの世界観を2時間の枠に収めるのは難しいというか、原作の良さが全然活かしきれてなくて。ストーリーに起伏がないし、最後まで淡々と進んでいって、キャラクターの喜怒哀楽が全然出せてない。というか見てる側に伝わってこない。オチもイマイチだしなぁ。

基本的に、ストーリーの大筋が原作のアーロンパークの部分とかぶるしね。まあ、あの時のナミは泣きながらルフィーに「助けて…」としか言えなかったけど、今回は仲間を信頼して堂々と「絶対助けに来て!」と言えるようになったと好意的に捉えましたが。

あとはやっぱり、伝説の海賊であるにも関わらずシキが弱過ぎるという点ね。これも好意的に解釈するなら、20年のブランクがあって、その分年もとってるからってことになるけど、だったらせめて原作のオーズ戦みたいに一味全員で倒すとかする必要はあったんじゃないのかな?

まあ、今後一切映画はやるつもりないと尾田っちは言ってるみたいなので、自分も原作だけひたすら楽しもうと思います。ストーリー展開も、伏線も、敵味方含めそれぞれのキャラ設定も、セリフ回しも、世界観も、原作はホント素晴らしいから。まあ、今回は0巻のおまけに映画があったということで。
ボクシングは好きですが、ボクササイズは嫌いです。
おとついの内藤vs亀田って視聴率すごかったんだね。ま、自分も見てましたけど。つーか、さいたまスーパーアリーナなら見に行ってもよかったなーw

まあ、今回は誰が見ても亀田で文句ないよね。ポイント差付き過ぎな気もしたけど、まあ妥当と言えば妥当です。内藤は左ショートをもらい過ぎましたね。興毅はすごい大人な戦い方だったなー。カウンター狙いで的確に1パンチずつ当てにいってるし、アウトボクシングでしっかり足を使ってたし。内藤はあの年齢で12R通してあれだけ手数出せるのはすごいけど、そろそろ限界かなぁ。今回は1~4Rでポイント取れなかった時点でやばいと思ったよ。空振りが多かったしね。

ただまあ正直、亀田は内藤に勝っても、辰吉にはなれないってことがよくわかりました。あー、あの頃が懐かしいわー。ノーガードだし、スタミナもあんまないけど、辰吉には華があったよああいうファイターはもう出てこんのかね…。
copyright © 2005 毎日がガリバー痛 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。