毎日がガリバー痛
大人たるもの三日酔いがなんのその。…そんなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『Awa Come』を熱く語ってみた。(うざし!)
昨日、チャット先生のミニアルバム『Awa Come』が発売されました。わーわー!1年7ヶ月ぶりの新曲って、もはやそこそこの大御所のリリース間隔やないか!んで、既に何周かは聴いたんだけど、これが思いのほかよかった。正直、今回は全然期待してなかったんだけどさ。

というのも、このアルバムはチャットモンチーの原点徳島で制作されてるんだけど、地元で昔から知り合いのエンジニアと一緒にやったり、大学の後輩のストリングス入れたり…ってそういうちょっと馴れ合いで作ったアルバムっぽいし、きっと微妙に違いないと思ってたんだよね。しかーし、これが意外にハマってて。つーか、基本的に音がすごいクリアで響きがいい気がするんだけどなぜなのかしらん?その分良くも悪くもボーカルが目立つね。スタジオの問題なのか、今までと何が違うのが全然わかんないんだけどさ。

既に「ここだけの話」はライブで何回か聴いたことあったんだけど、音源でちゃんと聴いたら、名曲じゃねーか!と本気で思いました。変拍子がすごいハマるわ。そしてこれPVがかなり良い。徳島押しで、ゆるくて、おもしろい!という今までのチャットになかったPVだな。

今回のアルバムは、昔作った曲4曲+新曲4曲で構成されてるんだけど、なかなかこのバランスが斬新でして。「キャラメルプリン」なんて初期のチャットのエッジが効いてる感じがすごい出てて、メロディーとタイトルのギャップには笑っちゃうんだけど。あと、改めて思ったけど、やっぱり久美子の歌詞いいな。「あいかわらず」とかすごい好きだわ。言葉の選び方や構成がすごくうまい。

ほんで、今回あっこが作曲した曲があるんですよね。これはファンからしたら衝撃ですよ。今までの全リリース作品全てえっさん作曲だったんで。でまあ、もちろん、あっこには悪いが、期待値ゼロだったんだけど 意外にまあこれがそこそこ悪くはなかった。←微妙 ただ、えっちゃんの曲と全然タイプが違うから、幅が広がっていいと思うわ。

ま、とにかく、全体を通してかなりよかったんじゃないかと。今までの作品とちょっと傾向が違うので単純に比較はできないけど、今後に繋がるアルバムだなーと思いました。想像してた箸休め的作品ではなかったことが好印象でした。
スポンサーサイト
悪人
★★★★★★★★★☆ 9点

これもかなり前に見たんですが、今更感想をば。自分の好きな映画『ゆれる』と雰囲気とテーマが似てるなと思いました。祐一と光代の二人だけじゃなくて、その家族・親戚に至るまでの心情が丁寧に描かれてたとこがよかったかな。

【早速ネタバレっすわ】
ラストカットの夕日のシーンがすごく好きで、光代に対する祐一の行動もあの時できる最大限の愛情という意味では絶妙だったと思う。ただ、全体を通してちょっと気になった点がいくつかあって。

まずは、超現実的な話になっちゃうんだけど、灯台って勝手に住めるんかい!と。管理人とかいないんかい!っていうね。ま、これはフィクションだからしょうがないんだけどさ。

あと、深津絵里の役は超保守的女子なわけじゃん。そういう子が日々の閉塞感に耐え切れなくなって出会い系に走るのはいいとして、会って間もない男にそこまで、愛情というか情が湧いて、一緒に逃げることを提案までするかなーっていうね。人殺した!とか言われたら普通引くでしょ?まあ、でも振り切れちゃってるからね、いろんな意味で。この人を守れるのは自分しかいないと思っちゃってるし、唯一自分の存在意義を感じれるんだろうなー。そう考えると、ちょっと切ないね。

殺された女の子があんまかわいくないとこがリアルでよかったな。超かわいかったら増尾に足蹴にされてないと思うし。というか、あの状況で現れた祐一をあそこまで罵れるってどんだけプライド高い女やねん!と思うわ。普通、車に乗るでしょ。

あとは、無駄なシーンが一つもない所がよかった。鏡とか素足とか後々の伏線にもなってるし。あと、音楽がいいなーと思って、エンドロール見たら久石譲でした。深津絵里はやっぱり演技うまかったね。でも妻夫木も十分よかったと思う。

全体的に非常に好きなタイプの映画でした。まあ、結局はね、傷を舐め合ってるだけの話なんだけど、普通に日々生活してて閉塞感とか自分もすごい感じることあるから、けっこう共感できたな。
copyright © 2005 毎日がガリバー痛 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。