毎日がガリバー痛
大人たるもの三日酔いがなんのその。…そんなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうやら今年も終わりみたいです。
M-1優勝は笑い飯かぁ。個人的にはスリムクラブすごいおもしろかったけど。ここ5年で一番笑ったわ。この人達どっかで見たことあるなぁと思ってたら、あらびき団に出てたんだね。なんか納得。

笑い飯はさ、やっぱり2003年の民俗博物館のネタが一番好きだな。去年の鳥人も話題になったけど。やっぱりあのネタは伝説だぜ。

でも、まあ、とにかく笑った。M-1自体が今年で終わりっていうのはちょっと淋しいけど、潮時であることは間違いない気がする。

そういえば、おとつい初めて生でダイノジを見ました。漫才とかじゃなくてDJの方だけど。『ジャイアンナイトfeat.銀河』。こういう類のイベントであっても、やっぱりダイノジは大谷あっての大地だなと思ったよ。というか、この人達、めちゃイケはダメでもDJで十分食べていけるんじゃないかw ホントに音楽好きなんだなぁっていうのが伝わりました。

ここんとこイライラすることもけっこうあったけど、とりあえず元気出たわ。なんていうか、なんでもお互い様だと思わないとダメなのかな。腹立つようなことがあっても、もしかしたら自分も同じようなことを人にしてるかもしれないし。そして例えば、51対49でいい面が勝っていたら、もうそれでいいじゃん!と。1個1個の欠点に囚われてたらキリがないわ!と思いました。

ザッツ・大人宣言です

というか、こう考えないと人に会えなくなるわ。アラサーで引きこもりとかやばいっしょ(笑) 来年もちゃんと頑張ろ。
スポンサーサイト
白いリボン
★★★★★★☆☆☆☆ 6点

今、見たい映画が全然ないのよね。というか、埼玉に来てる映画で見たいのがない。都内の単館系でやってる作品の中ではちょこちょこ惹かれるのがあるんだけど。なかなか、そのために都会に出るのは億劫で。でも、この映画はカンヌでパルムドールも獲ってるし、今のとこ銀座でしかやってないんだけど、興味があったので見に行ってきました。

鬼才と言われるミヒャエル・ハネケ監督作品です。この人の映画は『ピアニスト』しか見たことないんだけど、他だと『ファニーゲーム』なんかが有名です。にしても、この人ほど見る者を不快にさせる監督ってこの世にいないと思うわ。3年に1回くらい見るのがちょうどいい感じ。この監督の作品を見て、不快に感じるってことはまだ自分は正常な神経を持ってるんだっていう確認作業になります。踏み絵的な(笑)

この映画なんて、子育てに悩んでる奥様が見たら間違いなくノイローゼになるから御法度ですw 簡単に言うと、子供は残酷だ!っていう話なんだけど。抑圧された環境の捌け口が大人から子供に向かって、子供はさらなる弱者に向かって。大人が思ってるほど子供は純真無垢じゃないし、親のこととかよく見てて、保身のために平気で嘘も付くし。まあ、それは大人も同じなんだけどさ…というような内容が終始モノクロ、音楽一切なしで2時間半続きます。

その2時間半、ワンカット、ワンカット毎に常に緊張を強いられて。というのも、この監督にはタブーという概念がないんで。通常ならオブラートに包んでほしい所を丸出しで攻めてきますから。セリフとかも、そんなこと人として言っちゃっていいの?っていうようなことを普通に無表情で言わせたりするから、引くを通り越して笑えてきます。だから、ハリウッド的なハッピーエンドとか、最終的なスッキリしたオチを映画に期待する人には全く向いていません。だって、もやっとしか残らないから。しかもどす黒いもやっと感(笑)

いかにもカンヌが好きそうな、絶対アカデミーにはノミネートされねーわっていう映画です。個人的に、主題は好きなんだけど、暗くて重くて不快になるし、この人の映画はとりあえず3年後まではいいやという感じです。
中野満喫だう
昨日はチャットモンチーのクリスマスなんちゃらライブ「サンタが中野にキスをした」に行って参りました。中野サンプラザへ。

ついでに、中野ブロードウェイにも行ってみたんだけど、やっぱ噂通りすごいね。わたくし、10年くらい前から『時計じかけのオレンジ』のアレックスフィギュアをずっと探してるんだけど。もしかしたら中野ブロードウェイならあるかもと期待してたんですが、残念ながらありませんでした。ショック!!でも、時間があんまなくて全てのお店を見れなかったし、店員にちゃんと聞いたわけじゃないんで、まだ希望は捨ててませんw

ワンピース関連のフィギュアはどこの店にも置いてあって、一瞬買おうかなーと迷ったんだけど、持ってる人多いし、もはやメジャー過ぎてイマイチ乗り気になれなかった。やっぱアレックス欲しい!(笑)

で、ライブの方はと言いますと。今回、オープニングアクトありでOKAMOTO'Sだったんですが。ちなみに、オカモトズのベースはダウンタウン浜ちゃんの息子なんですよ。ごっつ世代の自分がまさか浜ちゃんの息子のライブを見ることになるとは。しかも何気に2回目w 時の流れって怖いわ。そもそもOKAMOTO'Sの由来は岡本太郎リスペクトから来てるらしいし、おまえらホントに10代か!?と思うんだけど。でもこれがね、なかなかいいバンドでして。つーか、浜ちゃんの息子マジでベースうまいのよ。これは親の七光りではないなと。あと、ドラムがかなりいいなという印象です。前見た時はボーカルがイマイチかと思ってたけど、なんかうまくなってた気がする。相変わらず、動きが気持ち悪いけど。

そして、チャット先生ですが。うん、やっぱりよかった!なんか、毎回良い良い!言ってると、おまえホントにわかってんのか!?って話になりますが、やっぱり良いものは良いからこれでいいのだ!でも今考えたら、『告白』後のライブハウスツアーはイマイチだったかもしれん。盛り上がる曲と静かな曲とのライブ中での格差があり過ぎて、客との距離感がけっこうあった気がする。セットリストの組み方の問題なのかもしれないけど。でももはや今となっては、セットリストがどうとかホールとかライブハウスとか関係なく、いつどういう形で見ても客を惹きつけられる底力のあるバンドになってる気がするぜ。たぶん!

昨日は特に、ベースモンチーすごい気合い入ってたな。曲的には『My Suger View』と『海から出た魚』がすごいよかった。『My Suger View』はドラムが好きでね。直前に見たOKAMOTO'Sのドラム見てうまいなーと思ったんだけど、やっぱりクミコとは全然タイプが違うからね。単純に比較はできないけど、改めて幕末先生いいドラマーだなと思いました。『海から出た魚』はイントロのアレンジ変わっててびっくりしました。あっこかっちょよかったな。チャットはやっぱりベースがイマイチかなーと思ってた時期もあったけど、『LLL』とか『ここだけの話』とか3rdアルバム前後からベースラインが好きな曲が増えていって。3人のバランスが一層良くなった気がします。

そして、昨日は『やさしさ』で締めましたね。その前に『シャングリラ』とか『ハナノユメ』で盛り上がったからこのまま終わりかなーと思ったけど、最後に『やさしさ』ぶち込んできましたね。やっぱりこういう所が好きですわ。つーか、セットリスト関係ねーとか言いつつ、セットリストの話ばっかりしてしまったw

そんでもって、昨日最大のクリスマスプレゼント、ニューアルバム&全国ツアー

キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!

とりあえず、大宮と中野は行きたい。それまで頑張ってお仕事でもしますか。今年は大晦日も仕事だしな。しかも当番日。レントゲンガシガシ撮りまくるっきゃない。やるっきゃない。
copyright © 2005 毎日がガリバー痛 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。