毎日がガリバー痛
大人たるもの三日酔いがなんのその。…そんなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
探偵はBARにいる
★★★★★★★☆☆☆ 7点

けっこうおもしろかったなー。完全にB級映画ですけど。昭和な雰囲気もあってなかなか味のある映画です。犯罪ミステリーというよりもアクション寄りでテンポとカメラワークが良かったなーという印象。大泉洋と松田龍平っていう配役も良かった。

でもまあ、ストーリが現実味なさ過ぎてね…。そもそも電話の声の時点で小雪ってバレるし。ならばむしろ、コメディー要素をもっと多くしてもいいのかなーと思ったよ。ヤクザものとかハードボイルド路線ではもっといい映画たくさんあるから、他で勝負するためにコメディーに振り切ってもよかったと思う。全体的に中途半端な印象は否めない。

でもこんな絶滅危惧種みたいな映画が意外とヒットしてるのはおもしろい。久しぶりに東映魂を見たよ(笑)
スポンサーサイト
そうだ、四国行こう。
ということで、せっかくライブで徳島に行くんだったら、ついでに高知にも行って、桂浜と龍馬記念館見てこよう!ということで、何気に2泊3日の超絶気ままなひとり旅をしてきたのです。ぶはは。一人で楽しめることが増え過ぎて怖いわw

でまあ、徳島はライブ観たくらいで特に何もやってないんですが。あっ、でも徳島ラーメンは食べた!醤油ベースのスープにチャーシューじゃなくて豚バラ肉が乗ってて、生卵を入れて食べるの。見た目すげー地味だけど、味はけっこうおいしかったなー。鳴門の渦潮も見ようかと思ってたんだけど、疲労により断念w

んで、電車で高知に移動。高速バスの方が時間早いし割安なんだけど、やっぱ旅と言えば電車でしょ(`・ω・')キリッ ということでアンパンマン列車に乗ってみました。やなせたかし氏の出身が高知ということで導入されているようです。



そして、高知駅からはバスで桂浜へ。この桂浜がね、想像以上に素晴らしかったのです。天気も良かったし、海もきれいで、太平洋なんだけどちょっと日本海っぽい荒々しさもあり、でも雄大で。←あくまでも雰囲気ですw もっと人がたくさんいて混んでるのかなぁと思ってたけど、意外と空いててよかった。



龍馬の銅像がかなりの高台にあって、息が切れました。しかも、思ってたよりでかい。「心はいつも太平洋ぜよ!」



その後、坂本龍馬記念館へ。これがなー、正直イマイチでした。去年、江戸東京博物館で開催されてた龍馬伝特別展の方が断然よかった。展示数も思ってたより少なかったし、手紙ばっかりで展示的に地味!(爆) やっぱり、美術展とかもそうだけど、都内でやってるものの方が展示方法とかも含めて工夫されてるし、見てて楽しい。そこがちょっと残念だったかな。

あとはー、高知龍馬空港内の『司』という土佐料理の店が空港クオリティーとは思えないほどおいしかった。普通にチェーン店らしいんだが。やっぱり、鰹のたたきはうまいっすね。向こうの人は生姜じゃなくてにんにくで食べるらしい。ビールに合う刺身は絶対的に鰹だ!と椎名誠がさんざん言っていたのも今では納得です。なんか完全に大人になっちまったな~w
続いていくのだよ
ということで、9/29のGRINDHOUSE showtime 「1.5周年記念おめでとうございますライブ」に行ってきました。行っちゃいました、徳島に!(爆)これがチャットモンチー、クミコンのラストライブということで。もう、行くっきゃない、やるっきゃない!とね。まあ、前々から1度はチャットのライブを地元の徳島で観たい!と思ってはいたんだけど、ある意味絶好の機会が訪れたわけで。

とりあえず、以下拾ってきたセットリストw

01. ヒラヒラヒラク秘密ノ扉
02. 親知らず
03. シャングリラ
04. ウィークエンドのまぼろし
05. 惚たる蛍
06. あいかわらず
07. バスロマンス
08. サラバ青春
09. ここだけの話
10. 女子たちに明日はない
11. Last Love Letter
12. 染まるよ
13. 8cmのピンヒール
14. 風吹けば恋
15. 真夜中遊園地
16. 恋愛スピリッツ
17. 恋の煙
18. 湯気
19. ハナノユメ

やはり初期の曲もたくさんやりましたな。『ウィークエンドのまぼろし』と『惚たる蛍』と『サラバ青春』。この3曲聴けただけで、徳島まで行った甲斐ありです。特に『サラバ青春』はしびれたなー。つーか、泣いたなー。クミコンも「グッと来た」と言ってましたが。もう歌詞がやばい。

そして、ラストはデビュー曲『ハナノユメ』で締めた後、クミコンの卒業式と題し花束贈呈とトロフィー渡して、最後はみんなで一本締めで終了!アンコールはなし!「やっぱり辞めません」みたいな展開でも全然よかったんですが、どうやら現実らしいですわ。

まあでも、久美子は愛媛には帰らず、東京に残るらしいですな。これはちょっとうれしい。てっきり地元に戻るもんだと思ってたので意外。「元気だったらまた会えるやん」という切なかっこいいコメントを残しておりました。確かに、今までの曲はずっと残るわけだし、チャットはチャットで続いていくわけだし、久美子は久美子で生きてるわけだし(爆)そんなに淋しく思う必要もないんだけど、やはり淋しいっすなー。別に友達でもないんだからいいんだけどさーw

ライブハウス前にあった、キューンからのお花↓



…そして、10月になり、チャットモンチーの公式HPを開いたところ、激震が!完全に違う人のHPだと思ったw えっちゃん、金髪っすか。まあ、ウィッグだろうけど。ギターもいつものテレキャスではない。とにかく、アー写からして気合いがみなぎっております(笑)でもちょっと心配w

…そして、久美子のツイッターを見たところ、プロフィールのとこに「作家になる予定」と書いてありました。え!?水嶋ヒロ的な!?こちらもちょっと心配w

飽きさせないぜ、チャットモンチー!
copyright © 2005 毎日がガリバー痛 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。