毎日がガリバー痛
大人たるもの三日酔いがなんのその。…そんなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紙の月
★★★★★★★★☆☆ 8点

これはかなり良かった。まず、時代背景が絶妙。1994年っていうバブルはじけた直後くらいの設定がね。そしてラストの宮沢りえと小林聡美が対峙するシーンが素晴らしすぎて、その後のシーンがちょっと蛇足感あったな。ラストの「惨めって何?」からの二人の会話を書き起こしてもう一回咀嚼したいw

宮沢りえと小林聡美と大島優子の3人の立ち位置が本当に絶妙で。主人公梨花の中にある2面性を具現化したのがより子と恵子なんだろうなーと思った。

「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督なのですが。やっぱ好きだわ、この人。桐島~も久しぶりにもう一回観るか。
スポンサーサイト
インターステラー
★★★★★★★★★☆ 9点

これは傑作。3時間近くの長編だけど、終盤は観てて鳥肌立ったわ。SFって普段あまり見ないというのもあって新鮮に感動できた。相対性理論とかワームホールとか出てきてちょっと小難しい話でもあるんだけど、基本は親子愛なので物理的な知識がなくても十分楽しめる。

同じ宇宙ものとしては去年観た『ゼロ・グラビティ』も良かったけど、自分としては『インターステラー』の方が好きかな。よりエンタメ性あるし映画!って感じがするので。『ゼロ・グラビティ』は余計なものを削ぎ落としまくった良さがあるけど。

監督は『ダークナイト』とか『インセプション』のクリストファー・ノーランなのですが、やはりすごい人だわ。IMAXでもう1回観ようかな。
copyright © 2005 毎日がガリバー痛 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。