毎日がガリバー痛
大人たるもの三日酔いがなんのその。…そんなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴーン・ガール
★★★★★★★★☆☆ 8点

去年最後に観た映画。これを年間ベストに挙げてる人も多いね。確かにすごい映画だけど自分的には怖っ!っていう印象が強過ぎて。世の中の夫婦がみんなこんなんだったら最高!とも思ったけどw 狂気も度が過ぎるとコメディーになると思うんだけど、ホント絶妙なラインを付いてる映画だな。ブラックコメディーに近いかも。

完璧な人間を他人に求めて支配するエイミーが唯一DQNにしてやられちゃう所が自分は好き。観る側の焦点をスライドさせつつストーリーを展開させてるって言ってる人がいて確かにその通り。次から次へと新たな恐怖が生まれていく。

デヴィッド・フィンチャー良い監督だよなー。『ドラゴン・タトゥーの女』も大好きだし。『セブン』とかも懐かしいわ。あれ、20年前なのね。
スポンサーサイト
寄生獣
★★★★★★☆☆☆☆ 6点

これ、二部作だと知らなくてえらい中途半端に終わるなと思ったら、続編もう決定してるのね。原作未読でもそれなりに楽しめたけど全体的に今一つかな。そもそも、次の完結編ありきの終わり方なのでこの映画単体では評価し難い。

ミギーが新一の友達みたいになっちゃってるのは阿部サダヲが声優っていうのも大いに関係してると思う。原作ではこんなコミカルな感じじゃないわけでしょ?でもかなり絶望的な話だし、映画ということもありバランス取ってる面もあるのかな。余貴美子演じる母親とのエピソードにはちょっとうるっときたわ。

染谷将太と東出昌大を同時に見れたことに関しては非常に満足していますw
copyright © 2005 毎日がガリバー痛 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。